株式投資の未来(ジェレミー・シーゲル)

 

株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす

株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす

 

 長期投資を行いS&P500よりも高いリターンを得るにはどのようにしたら良いのか?

有名なバートン・マルキールウォール街のランダム・ウォーカーを読んでインデックス投資が手堅い戦略だということを理解した上で読みたい。

かならずしも"成長株"が高いリターンを生むわけではない。財務が健全で少ない投資に対して高い収益を得る企業、しかも株主に対して利益を最大限に還元しようとしている企業こそが高いリターンを生む源泉になる、ということがとても大事。成長しそうな企業はすでに成長への期待が株価に織り込まれるため、株価は割高になる。PERが三桁に行くこともある。そういったバブル銘柄を買ったとしても値下がりをする可能性が高く、リターンの期待としては乏しい。古い体制の企業だとしても健全であれば投資家に対しては高いリターンを生む可能性がある。紹介されている中ではこの数十年で最高のIPOであるシスコシステムズや、高い成長を誇ったフィリップモリス、空前絶後のリターンを産んだバークシャー・ハサウェイはやはり際立った存在。

ただ、そういった企業を個別に選ぶのは難しいためか、結局ポートフォリオに組み入れるものはインデックスを推奨している。配当利回りが高い企業やコア銘柄を買うのが良いのではないか?という主張。

飛び抜けた成績ではないものの、標準よりも高い収益を得られる期待値があるという説明。いわゆる、ダウの犬戦略を支持するような内容。バートン・マルキールは最近の版のランダム・ウォーカーでそういったダウの犬戦略も実は高いリターンを生むわけではない、といって本書と比較して実際には低いリターンを紹介していた気がするが、、、自分で計算するのは大変なので、そこら辺は読者自身で読んで考えるしか無い。

しかし、本書でも紹介されているが、バークシャー・ハサウェイのリターンは本当にびっくりするばかり。

これも読んでみたい↓

 

株式投資 第4版

株式投資 第4版