読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代(アダム・グラント)

 

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本)

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本)

 

 

新規事業で業績を上げるためには他の人と違ったオリジナリティが必要になる。一般的には成功する人々は特別であると考える人が多いが、必ずしもそうとは限らない、というのが本書のメッセージの中で一番印象的だった。うまくリスクオフをしながら目標に向かって着実に向かっていくということが大事。副題にある通り、誰もが「人と違うこと」ができる時代にける成功の分析。リスクをどのようにマネージメントするのか、アイディアを行動に起こしていくこと、プレゼンテーション、行動を起こす時期、人間関係といった企業のことから、兄弟におけるアイデンティティの差、組織論といった広い範囲に渡り研究が紹介されている。特に個人の話は前半。後半になるに連れて話は他の人も巻き込んだスケールの話になる。起業したいけれどしていない、という人が世の中圧倒的に多いので、多くの人は前半の話の方が気になるのではなかろうか。成功した起業家はみんなSteve Jobs氏のような奇抜で飛び抜けた人ではない、ということを確認させてくれて背中を押してくれるような気分にしてくれる。
 
ワービーパーカー(Warby Parker)というメガネブランドは大学生4人が立ち上げたオンラインメガネブランドである。この会社はメガネをオンラインで低コストで提供しており、近年勢いがある。この立役者たちも全員全力で事業に全生活を捧げた天才的カリスマだったかというと実はそうではない。彼らの起業の初期は学業・就活との両立の道だった。リスクをとり全てを投げ打つことが起業において唯一の道ではない。むしろ本業を続けた人のほうが失敗のリスクは低くなる。成功者、つまり業績を達成する人に共通するのはオリジナリティ(originality)であり、みずからのビジョンを率先して実現させていく人が持つ特性だ。これらの人は既存のものを疑い、より良い選択肢を探す。イノベーションのジレンマで知られるクリステンセンも唱える通り、イノベーションとは古いやり方を撤廃する新しい仕組み(創造的破壊)によってもたらされるものだ。リスクの話は成功と直接的に結びついているわけではない。ただ、リスクオフはむしろ重要なことである。ある分野で危険な行動を取ろうとするなら別の分野では慎重に行動することで全体のリスクのレベルを弱める事ができる。そのため、安心感が生まれ、発揮すべきところでオリジナリティを発揮する自由が生まれる。成功者はリスクを取り除くことにも成功するものである。
 
アイディアはなんでも行動に移せば良いというものではない。自分のアイディアは過大評価しがちであり、他人の評価も重視する必要がある。少ないアイディアを大事に温めるよりはアイディアの数は多ければ多いほどよい。そうであることが良いアイディアを生むことにつながる。大量生産こそが質を高めるためのもっとも確実な道である。(商品の企画などでブレインストーミングが重要視されるのもこのためだ。)評価者は自分以外にも専門家や同じ分野の仲間、パフォーマーなどから広く意見を集めたほうが良い。そして海外での生活などで様々な視点を持っていると良い。専門家は経験が豊富である一方、新しい分野には弱いのが欠点である。
 
コミュニケーションの仕方も人への印象付けがとても変わってくる。あるベンチャーは重要なプレゼンの際にあえて自分の弱点をさらけ出すことで相手の軽快を和らぎ、知的な印象を演出し、信頼性を増すことでよりポジティブな面に注目を得ることができた。プレゼンの際には繰り返しが効果的である。
 
現状に不満をもったときに人々が取る態度は4つある。組織の利益を重視するか、現状をかえるかという面から2x2に分けると、発言する、粘る、離脱する、無視するといった4つにわけられる。行動をするかどうかの時期も人によっては有用で、実行を先延ばしにすることは問題解決に秀でたクリエイティブな人にとっては有益である。アイディアを実現するにあたって先発が常に有利というわけでもなく、じつは先発のプレイヤーの方が失敗率が高くなる。先行者は時代を先取りすぎていることが多く、それが効果的に働くのは特許技術が重要なときやネットワーク効果があるようなときだ。
 
オリジナリティの発揮の仕方も人により異なる。若い時にイノベーションを起こす人は天才物理学者達がそうであるように概念的イノベーションを起こすことがおおい。一方、粘り強く努力する人はこつこつと実績を重ねることで実験的イノベーションを起こす。生涯という長いスパンで見たときには実験的なイノベーションのほうが長続きする。
 
プロジェクトをだれとやるのか?仲間づくりにはゴルディロックスの理論というのがある。ほどほどの適度な状態、という意味である。オリジナルな人は得てして熱すぎる。周囲と上手くやるためにはソフトなメッセージが必要。フロイトによれば、非常に似通っている2者があつまると、僅かな違いが違和感や敵意を生み出す原因となる。類似しているだけでは最後には敵意を産んでしまう。協力は性格の類似でなく、手段の共通が重要なのだ。外部に受け入れられるためにはオリジナルな人は節度ある過激派にならなくてはならない。人間関係については、友である敵であるフレネミーに最も注意をはらうべき。
 
兄弟間での性格の違いは昔からよく研究されているところである。一般に後生まれの子はリスク傾向があり、現状打破をねらう人格になりやすい。自分が生まれたときにすでに兄弟が生まれていたことにより、現状を変える傾向が生まれたり、自分の立場から自分の振る舞いを考えたりするようになる。創造性の高い子供は自分の価値観に従うようになる。これは成長する中でルールにしたがう自己判断を行うことや、道徳的規範を身に着けていくことで形成されていく。
 
組織として、問題解決や賢い判断をするためには独自のアイディアや相反する視点をもつ人が必要である。組織の中の反対派の意見こそ大事にしなくてはならない。組織は専門型・スター型・献身型などにわけられる。同じ情熱や目標に支えられた献身型の組織は強い一体感を産み・団結力を高めるため初期には良いが、伸び悩むことになる。
 
オリジナルな人は決して強くない。感情や自己不信に悩むこともある。こうしたときに不安を感じながらも起こりうる悪い自体を予測しておくことがモチベーションや成果につながる。ネガティブな感情でブレーキをかけることもポジティブな感情で興奮とともに進めていくことも必要で、使い分けがいるのである。

やり抜く力 GRIT(グリット)(アンジェラ・ダックワース)

 

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

 

 

このところ注目されているgrit <困難に立ち向かう根性、気概>についての解説書。筆者はプリンストン大学の教授でこの分野の第一人者。アメリカでマッカーサー賞という栄誉ある賞を受賞したことでも注目されたらしい。
 
アメリカ軍の士官学校での入隊直後に行われる合宿は非常に厳しく、高いハードルを超えて入学した精鋭の若者ですらも大勢が脱落してしまうようなハードなメニューを連日こなす必要がある。成績だけみても申し分ないのに、どこにその違いが生まれるのか、というところから、やり抜く力への重要性への認識が高まった。何かを成し遂げる力や一流になるためには「才能」が非常に重要だと思われているが、実はそれにもまして「やり抜く力」は才能を活かす役割と、あらゆる分野で役に立つ力である。
 
「才能」という概念は現実にあるものであるが、過大に評価されがちである。才能ばかりを評価されてしまうと努力しなくなってしまうかもしれない。また、周りからすればその人の努力よりも才能を認めることで自分が楽になるという思いから才能を評価してしまう。しかし実際には一流の人は本当は努力をしている。努力はスキルを伸ばすこと、また、スキルを利用して更に目標を達成する二段階に重要であるという意味で、才能よりも遥かに重要である。一つの目標に向かって努力することが大事なのである。
 
有名な大富豪であるウォーレン・バフェットはかつて、やりたいことのうち、本当に追い求めるべきことはわずかで、25個やりたいことがあった場合5個だけを追って、他の重要度の低いものは諦める、ということを行った。諦めることも大事である。
 
やり抜く力に重要な要素は興味、練習、目的、希望である。やり抜く力自体は生得的に定まるものではなく、鍛えることが可能なものである。横断的に年齢ごとにやり抜く力をグリットスコアで評価したときに、高齢者のほうがグリットスコアが高い傾向があった。年月を減るに連れて人は誠実さや自信、思いやりが向上する。やり抜く力も年齢とともに強くなるものである。
 
仕事において素晴らしい成果を達成するためにもやり抜く力は重要で、特に仕事自体を天職と思えることは満足度の向上にもつながる。ただし、なんでもいいというわけではなく、興味にあっているかどうかは大事。見極めるためにはやらないとわからないし、子供には簡単にはわからない。そして始めたら掘り下げていく。ビギナーとベテランではそもそも見える世界が変わってくるのだ。
 
スポーツの分野などでも漫然と練習するだけでは能力は向上しない。能力の向上のためには現状の自分を伸ばしたストレッチ目標の設定と、そのクリアの絶え間ない繰り返しが必要になる。そのプロセスは楽しいものではなく、一歩一歩すすんで自己を向上させていく。そうしたことができて初めて無意識にできるようになる、フロー体験が生まれる。良い練習とは、明確に定義されたストレッチ目標、完全な集中と努力、すみやかで有益なフィードバック、たゆまぬ反省と改良が合わさったものである。
 
こうしたやり抜く力は、目的が伴うことでも強まる。目的があることで行動へ結びつけることがでる。結果が出なければ無気力にさいなまれることはあるが、結果が出ることで困難に立ち向かう力が身につく。できなかったときにポジティブであることも諦めないことにつながる。
 
子育てでもグリットの考え方は有用に使えると思われる。子供を支援して、また、子供に要求をする親は子供の手助けができるかもしれない。子供がやり抜く力を身につけるために親のあり方は影響する。自ら手本になってあげることや、課外活動を続けさせることはやり抜く力を備えた子供の成長の助けになるだろう。十代の娘二人をもつ母親としての経験も本書では触れられており、必ずしもすべてのことに夢中になるわけではない娘達にやり抜く力をつけさせ、努力を習慣にさせるためにどのように苦労しているかもうかがい知ることができる。

最強の働き方(ムーギー・キム)

各国、様々な企業で働いて様々なタイプの人と仕事をしてきた経験を活かして「仕事ができる人」はどんなことを習慣にしているか?というのをまとめている。
仕事ができる人はこんな風に仕事をしていた、というだけであって勿論本書で述べられる特徴、例えば「仕事ができる人はメモが完璧」とかができたからと言ってすなわちそれが仕事ができるということではない。ただ、仕事ができる人たちの性格の傾向を知るには良い。
 
まず、今では常識的だが、いい大学をでたからといって必ずしも仕事ができるわけではない。勉強のIQと仕事のIQは異なるものである。自分が選んだ道で最高水準の仕事をすること、それこそが仕事において認められる価値である。基本的な習慣、自己管理、心構え、リーダーシップ、自己実現の観点から仕事ができる人の特徴が何十にも渡り紹介される。
 
一流の基本の積み重ねが最終的には一流の仕事につながる。簡潔な文章を書く、メールの返信が早い、話を論理的に整理する能力に長ける、仕事においてメモをこまめに取る習慣、細かいミスをしない、話し方も堂々としている、会話の際にactive listeningを行う、プレゼンの際にも伝えたいことを伝えるために繰り返し練習を行うような人は仕事ができる。また、タイムマネジメントの能力や、清潔な身なりをしていることなども大事である。そしてリーダーシップを取る上で、模範的であることや部下に気を使うことができる必要がある。自己実現においては仕事では自分の好きなことをしているのが良い、周囲を巻き込んで仕事を行う能力を持っている。本当に成功している人はやりたいこと、できること、社会の需要が重なったところに勝機を見出すものである。
 
といった内容。真面目にコツコツ努力をすること、無駄を省いて効率的に働くこと、そしてリーダーシップを身につけることが大事なのだろう。冒頭で述べたように、これはできる人が備えている特徴であって、身なりが汚い人が身なりを整えたら仕事ができるようになる、という訳ではない。こういった本に述べられていることはその背景に備えた特徴を仕事への態度から外面に至るまで自分になじませることが結局のところ重要だということなのだと思う。それこそ最近読んだGRITやMindfulnessにも通じる内容にも触れられていて、最近のトレンドをよく押さえているような感じ。

初めての確定拠出年金

 

はじめての確定拠出年金投資

はじめての確定拠出年金投資

 

 

2017年1月より適応者が拡大する確定拠出年金。自分の身のことでもあるために勉強させていただいた。本書では難しい理論はあまりなく、実践的に完結に必要なことがまとまっている。「はじめての」とある通り、とっつきやすい内容だった。
 
まず、確定拠出年金とは、「自分が自分のために積み立てる年金基金」であり、「投資先を自分で選べる」ものである。一般の投資と異なるのは「売買手数料や利益に対する課税が無い」ということである。(受け取り時に課税されることはあるようだが。)最近浸透したNISAも似ている制度だが、非課税期間が5年間と短く設定されているため、NISAとは異なる。年金の受取自体は60歳以降となるため、20〜30代にとってはその投資期間は30年にもなる。投資限度額は1.2〜6.8万/月と、他の年金の加入状況によって規定される。
 
制度のことについては様々な金融機関を見て確認するのが良いだろう。
実際にどのように運用するべきなのか?ということについては、
・取扱の企業:様々な商品を揃えており、手数料が安いことが重要
・アクティブファンドよりはパッシブファンド
・手数料は安いに越したことはない。
ポートフォリオの組み方は人それぞれ
といったところだろうか。余剰資金があって投資に回す予定の人であれば絶対に加入したほうが良い制度ではある。
 
本書では市場規模に合わせたポートフォリオで分散させることを勧めていた。運用の方法としても世界中のインデックスと同じということで非常に安定感がある。先進国84%、新興国、日本に8%ずつ株式を振り分ける方法である。年に1回リバランスが可能だとしても、超長期の見通しは素人には困難であるため、安定した良い方法だと思われる。
 
また、非課税の口座と課税口座をどちらも持っている人へのアドバイスとして、「大きいリターンを狙うのであれば、非課税口座に多くそのポートフォリオを組み込むべき」というのが素晴らしいアイディアだと思った。大きいリターンが来てもそれに対して課税されてしまう分、課税口座に大きいリターンのポートフォリオをより多く組み込むことは不利となる。課税口座のポートフォリオと年金の口座のポートフォリオをトータルとして考えることも必要なのだということだ。特に株式であれば、短期的にリスクが髙い商品であっても長期的に分散投資をすることである程度リスクオフも可能だと思われるため、DC(確定拠出年金)口座はわりとハイリスク・ハイリターンを目指しても良いのかもしれない。

ランチェスター思考(福田秀人)

 

ランチェスター思考

ランチェスター思考

 

 

もともとは戦争において戦力差が結果に与える影響についての理論であったランチェスター戦略を、ビジネスの世界に転用することが世間ではよく行われている。本書もランチェスター戦略の第一法則、第二法則にもとづいて、戦争での実例と、ビジネスの世界に転用する考え方が行ったり来たりしながら繰り返し説明される。
 
第1法則:攻撃力=兵力数 × 武器性能(質)
第2法則:攻撃力=兵力数^2×武器性能(質)
 
といった、式にすると単純なものである。
第一法則は、1対1での白兵戦などでのケース。戦いが1対1のモデルで行われるため、戦力は兵力の数にそのまま比例する。という理論。
第二法則は、マシンガンをランダムに打ち合うような戦いでのケース。このケースでは戦力が兵力の2乗に比例する。つまり、数が多いほうがより有利ということになる。数が2:1の戦いではその戦力の比は4:1となり、相手の兵力をすべて殲滅した時、数が多い方が被る被害は数が少ない方よりも少なく済む。
 
こういった法則から、ビジネスの世界のマーケティングシェアの理論を具体的な数値を上げて説明している。大雑把な数ではあるが、75%が絶対的強者としての目標値、40%が首位独走の値、25%がトップに立つための最低条件である。さらに、弱者の目標値も3%→7%→10%→20%を区切りにその中での相対的な意味合いが変化していく。
 
興味深いのは、第二法則のような、絶対的に多数が有利と思われる状況であっても、弱者が強者に勝つ方法はあるという事例が紹介されていることだ。中世ヨーロッパの海戦において、数で多数だった相手を破った戦略は相手の戦力の分断であった。ユニットの規模を減らしてしまえば、総数が少なく弱者でも小さい戦いを繰り返すことで生き残る可能性がでてくる。ビジネスの世界では戦力の分断を活動地域の分断として捉える。狭い地域でまず巨人と戦ってマーケットシェアを確保することを足がかりに成長をするという戦略がこうして生まれるのだ。
 
本書の内容自体はランチェスターの法則から離れることなく深掘りするような解説であるので、初学者には分かりやすかった。

医療機器開発とベンチャーキャピタル(大下創,池野文昭)

 

医療機器開発とベンチャーキャピタル (経営者新書)

医療機器開発とベンチャーキャピタル (経営者新書)

 

 

 

医療機器開発のベンチャー企業に投資をしてきた筆者が自らの経験を通して「ベンチャーとは何か?」「ベンチャー企業のステージ」「医療ベンチャーが考えるべきこと」「ベンチャー企業の戦略」を語る。新書でスッキリと読める。

 

まず、ベンチャー企業は中小企業の事をさすのではない。ベンチャー企業は明確なexitを目指し短期間でIPOM&Aを目指すスタートアップ企業である。そしてベンチャーキャピタルはそのベンチャーを金銭面・経営的ノウハウで手助けをするファンド、といった理解をした。

 

ベンチャー企業の段階は、シード(seed)、アーリー(early)、ミドル(middle)、レイト(late)にわけられる。exitまでの期間は3〜5年と短く、大企業ではできないような迅速な判断、行動が求められる。だからこそ、イノベーションを起こすことが可能である。IPOは景気により左右されることが多い一方でM&Aでのexitは大企業が安定している限り需要はある。もちろん、失敗するリスクもあるため、「何を」するのか、といった事前調査は非常に重要である。人々のニーズはあるのか?マーケットの規模はどの程度か?といったことである。医師は医療業界において、ニーズを把握する事においては有利である。医療機器が実際に承認されるまでには、非臨床試験、人体での試験を経てから販売に至る。販売のプロセスは大手に任せることも多い。この過程で安全性といった面は重要であり、どこの国で試験を行うか?どこの期間から承認を通していくか、といった戦略も考える必要がある。多くのプロセスではより早く承認が通るようにヨーロッパ→米国→日本といった順で承認を通していく。

 

シリコンバレーミネアポリスといった都市では医療系のスタートアップが多い。これは周辺環境が整っているからで、大病院、大学、ベンチャーを育む環境が整っているからだ。大企業は製品開発を直接行うのではなく、ベンチャーと協力してビジネスを進めるようになっている。

 

ベンチャーが成長していく過程でベンチャーキャピタルから融資を募るラウンドを何回か繰り返す。株価の設定によりベンチャーの創業者とベンチャーキャピタルの最終的な取り分は変化していくものであるのでその過程・規模は慎重に行われることが多い。とはいえ、ベンチャーキャピタルはイメージとして抱かれるハゲタカのようなものではなく、共に働き、苦境を乗り越えることにより信頼関係を築く性格もある。ベンチャーが目指す製品は市場を一気に塗り替えるゲームチェンジャーであるべきである。開発が大規模すぎず、ある程度予想がつくものが良い。しかし、アイディア・技術だけでは不十分。実現性や使用者としての第三者が受け入れられるかといった要素も重要である。そこにVCが参加する、また、優秀な人材を適切な時期に確保することが重要である。製品に関してはニーズや市場規模が大事であり、最大の規模が数十億程度では不十分である。その条件が揃った目標にフォーカスを絞って短期間で邁進していく。臨床現場から課題を広い、その解決策を探していく。その過程でブレインストーミング→アイディアの選別→課題発見型イノベーションという段階を経ていく。近年は医療機器開発の教科書としてBiodesignという書籍があり、様々な教育機関で使われるようになっている。

ローマ法王に米を食べさせた男(高野誠鮮)

 

 

著者は石川県羽咋市の公務員。都会で社会人として働いた後、実家がある羽咋市に戻り、市役所職員として働いていた。
公務員としての初期の大きな仕事は、羽咋市をUFOの街として名を売りコスモアイル羽咋という施設を作ったことだという。
 

f:id:jiir:20161206075016j:plain

国から大きな予算をもらいながらも様々なしがらみにより限られた予算しか残されなかった。そんな逆境にあっても著者は行動力を発揮して、NASAから本物のロケットを格安で借りて展示するなど、魅力あふれる施設を作った。
 
ただ、上司とは折り合いが合わなかったようで、ある日農業を取り扱う部署へ異動となり、限界集落である神小原(みこはら)を蘇らせるプロジェクトを任される。
本書の記載を見る限り神子原は数百人の人口が小規模な農業をほそぼそと営み、かなり少ない収入で暮らす貧しい村だった。魅力のない村、若者は出稼ぎにでてしまう村であった。そんな神子原の魅力を掘り出し、世界にアピールすることでブランド化して再生させていくプロジェクトが紹介されている。
 
まず、稼ぐために質の良い農作物を適正な価格で自分たちで売る。加工品を作ることで付加価値をつけて売る。旧来はJAを通して販売していた商品の売り方の形態を変えることは住人たちにとってなかなか素直に受け入れることができないことであった。プロジェクトを実行するために度重なる会議を開き、粘り強く住民を説得して実行に持っていった。また、ブランド化させるためにローマ法王に米を食べさせるといった話題作りやアラン・デュカスの店に日本酒を卸すなどと、生産品に付加価値をつけていった。また、人の出入りを増やすために大学生を受け入れたり、移住を推奨したりと、短期間の間に様々な施策を打ち出し、実行していった。
 
最終的にはまた神子原のプロジェクトからも移動して現在は他の業務をしているのだそうが、神子原再生プロジェクトで著者が行ったことは多岐にわたっており、その実行力に驚かされるばかり。「案ずるより産むが易し」といった言葉のとおりなのだろうか。PDCAサイクルを回すということはすなわちDOを繰り返すことでもあるのだ。新しいことを始める時には失敗する恐れは誰にでもある、ただ、結果を生むためには実行してそれを成功へと持っていかなくてはいけない、というメッセージを強く受ける書籍であった。