2030年ジャック・アタリの未来予測(ジャック・アタリ)

 

2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!

2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!

 

 

だいぶポップなタイトルだが原題はvivement après-demain critique(明後日を生き生きと)といったタイトルのようだ。これまでのジャックアタリの著書と同じように、現代の社会の様子から、未来に起こりうる良いことや破滅的な悪いことを予測する。しかし大事なのは破滅の予言ではなく明るい未来を迎え入れるために我々がすべきことを提言する。
 
我々が直面する最も大きな生存の危機とは核戦争である。現代は世界のどこかで核戦争が勃発しかねない不安定な世の中だ。核戦争が一度おこれば非常に多くの人々が核兵器により命を落とす。条約によって禁止されている化学兵器生物兵器だって世界大戦が起きたら、勝利を得たい陣営は手段を選ばず使用するだろう。戦争を引き起こしうる原因はいろいろある。環境問題からくる経済問題、宗教対立などからくるイデオロギーの対立、侵略などである。
 

Conflict

 
本書によればそれらを防ぐにはやはり技術開発であったり、強いリーダーシップをもった国際組織の存在が重要になるという。30歳未満のみからなる議会を作るという提言も面白みを感じた。先日読んだ21世紀の歴史では、能力を持った個人がノマドとして活躍する未来が描かれていた。本書でも同様に個人それぞれの尽力が必要であるという立場が取られている。しかし国家により教育からドロップアウトすることなく遍く教育を行き渡らせることができてようやくそれは実現する。
 
ジャックアタリの著作には暗い未来がこれでもか、というほどに記述される。しかし彼にはダークサイドだけでなく、ライトサイドの未来も見えている。明るい未来へ向かうための歩み方を示唆してくれる。事実、高齢化を続けるヨーロッパ社会のなかでもフランスは高い出産率を実現しているし、ジャックアタリの尽力もあってかフランスでは若いマクロン大統領がポピュリズム政党を抑えて誕生した。noblesse obligeという言葉があるが、世の中の革新に必要とされる人材は目の前の利益を追うのみでなく、長期的な視野をもち、利他的な行動ができる人なのだろう。こうした人々は利他的であったとしても本人もちゃんと幸福を享受できるとされている。

伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール(高橋 佑磨、 片山 なつ)

 

伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール
 

 

学会、ビジネスでのプレゼンや、提出する文章。教育、仕事の場面で資料作成は誰しもがやったことがあると思う。人に情報を伝えるためにはそもそもの「情報」は必須なので内容は皆が吟味することと思う。しかし、「どうやって伝えるか」は意外と疎かにしがちなポイント。他人のプレゼンを見ながら、見難い資料だと思ったことは誰しもあるはず。資料を見やすくすることで伝わる情報の質が変わる。本書はそのことをよく教えてくれる。
 

Design Pattern Business Cards

 
内容は同書籍のWebサイト( http://tsutawarudesign.web.fc2.com/index.html  )でも確認できるので興味有る方はWebサイトを見てみると良いと思う。
文字のフォント、文字配置、インデントの使い方、オブジェクトの配置、色彩、など、資料のデザインにおいて重要なポイントが一つ一つ紹介されている。流石にデザインの本だけに見やすいし言葉も読みやすい。本書はそれぞれの要素がなぜだめなのか?どうすれば良いのか?ということを説得力有る形で提示する。本書を読まなければあまりこだわらなかったことも多く、目からウロコが落ちる体験を何回もしたように思う。
 
フォントにしても実はあまり理解しないで使っていた。私はmacユーザだが、「ヒラギノ」や「helvetica」は見栄え良く使うことがあるフォントだったがwinのパソコンではそもそも表示することができない。互換性を重視するのであれば「メイリオ」や「arial」とか「tahoma」で作るべきだった。それにMS Pゴシックとかは可読性や見栄えが悪いフォントで徐々に出番が減ってきたことも本書を読まなければ認識しなかっただろう。最近のofficeに入っている「游ゴシック」などは字面が細くてあまり使っていなかったが、本書ではMS Pゴシックメイリオなどが進化しており、くっきりした輪郭と、字面が大きすぎず可読性に優れるようなことも紹介されている。
 
デザインといってもアートとは違う。見栄えを良くするというのはなんとなく格好いいことを目指すのではない。本書においてデザインを追求するとは、「情報を伝える」という目的に適った情報の提示の仕方を考えることなのだと感じた。読みやすい資料はアーティスティックな感性ではなく合理的なデザインに対する考え方があれば凡人にでも作成できるのだろうと少し励みにはなった。本書では、1文字1文字の幅を調節するカーニングなど、一部はめんどくさすぎて発表や提出までにはできないだろうというテクニックも紹介されている。しかし、本書の内容をちゃんと理解してやるべきことを考えて資料を作成すれば本当に見やすい資料が作れると思う。
 
本書を読んで思わずPowerpointのテンプレートを互換性を意識しながら作成し直してしまった。

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本(服部 雄樹)

 

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本

 

 

所属しているNPOの活動でwebができるようになる必要があったので、手にとって見た本。中学生とか高校生くらいの頃、バンド・音楽活動活動のためにwebサイトを作っていたことがあったが、webはそれ以来全く触っていない。当時(2000年代前半)からhtmlやcssのバージョンが2010年代になり更新されている。その情報を知っていたため新しいweb言語の記載について知りたくてすぐに読んで概要を理解できそうな本書を選んだ。最近流行っているらしいword pressとかではなくタグのベタ打ちでの解説書なので昔もタグ打ちでwebサイトに演奏をアップロードしていたことを久しぶりに思い出した。

Entrepreneur Macbook Pro

 

本書ではAdobeが開発しているBracketsをエディタとして推奨している。ダウンロードしてみたらmacでも非常に快適に動作した。ただ、編集しようとしていたwebサイトが.phpだったので、mac内にサーバー環境を作成する必要があった。こちらはMAMPというソフトで解決したのだが少々めんどくさかった。webで検索すれば方法は分かるが、いつか備忘録的にまとめてみても良いかもしれない。
 
本書はタイトル通りのHTML、CSS、Webデザインについての本である。O’RELLYが出しているような網羅型のプログラミングの書籍とは違い、一つの仮想webサイトを作成することをテーマとして書かれている。なのでHTMLのタグの使い方を事細かく説明しているのではなく、概念や、webサイトの構造などにウェイトが置かれている印象だった。こういう風なサイトを創るにはまずHTMLでこんな風に記載する、その後にデザインを整えるためにCSSをこんな風に記載する、といった感じ。デザインの本らしく図説が多く、とりあえず一読してなんとなくわかったような気になった。あまり詳しくは触れられていないが、スマートフォン向けのレスポンシブデザインについても書かれており役に立ちそう。
 
まだ元の目的の方のwebサイトは実は作業途中ではあるが、必要な細かい情報はwebでいつでも手に入る時代。疑問点はwebベースで調べることを前提にするならば入門書、あるいは再入門書としてはとっかかりやすい一冊だったと思う。

MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法(広瀬 隆雄)

 

 

社会を知ろう、という目的から大学生の頃から投資をするようになった。投資をすることで自分の資産を市場のリスクに晒すことになる。このため半ば強制的に経済や社会を知るために勉強をするという意識がはたらく。ただ、社会を知るだけでは投資をするにはあまりにもリスキーなので一般的な資産運用の勉強もしている。Market Hackは本書の著者である広瀬氏が運営するサイトで、日本の個人ブロガーとしては最大級のPV数を誇る。情報の質が高いので私もフィードに入れている。本書は2013年ごろの本ではあるが、広瀬氏の考え方をうかがい知りたいと思って最近読んだ。時間も経過し考え方に多少の違いは出てきているとは思うが根底に大きくは違いはない。

money

 
内容は投資全般について。米国株を基軸にしている方なので、おそらく自身が実践しておられるであろう分析方法について紹介されている。キャッシュフロー重視の分析、分散投資によりリスクオフをするメリットなどである。その当時から始まったNISAの分析や、デイトレーダーが行っている先物やオプションの取引、長期投資の考え方なども紹介される。広範囲にわたる話がコンパクトな中に納められている。本書を手に取る人はおそらくこれまでに投資経験がある方だと思う。読み物として楽しく、すっと頭に入ってきた。マジメに勉強するならもっと専門的な書籍を読めばいいが、筆者の言わんとしていることはこれくらいざっくりと省略されていた方が伝わってくる。こんな風にやってるよ、という内容なのでそれに従えば億万長者に必ずなれる、というものではないので注意を。
 

21世紀の歴史(ジャック・アタリ)

 

21世紀の歴史――未来の人類から見た世界

21世紀の歴史――未来の人類から見た世界

 

 

筆者は2060年ごろに超民主主義が勝利すると信じている。この超民主主義こそが、人類が組織する最高の形式であり、21世紀の歴史の原動力となる最後の表現である。つまり、それは自由である。
 
超民主主義とは、一国による世界の支配に終止符が打たれ、自由・責任・尊厳・超越・他者への尊敬などに関しては開かれる新たな境地のこと。
 
筆者のジャック・アタリは若干37歳でフランスの元大統領フランソワ・ミッテランの補佐官を勤め、初代の欧州銀行の総裁にもなった人物。人類最高の英知を持つといった評判も多く聞かれる人物。未来予測のような書籍を多く書いているが、筆者のこれまでの人類の歴史や現代社会に対する深い洞察から導かれる内容となっている。
 
 
・飽くなき富を求める資本主義
 
本書は人類の進化から、古代中世近代と歴史を振り返る形から始まる。人類は農耕を始めて、ノマドと定住民の戦いから分化が発達した。そのうち帝国が次々にあらわれては消えた。その中で民主主義や市場が生まれた。西洋では物質的な充実を求めることこそが神に近づくことだという考えが浸透した。これはアジアの代表的な思想である仏教儒教的に通ずる欲望からの自由とは全く異なる。民主主義時代の世界の中心都市は(アテネ→ローマ→)ブルージュヴェネツィアアントワープジェノヴァアムステルダム→ロンドン→ボストン→ニューヨーク→ロサンゼルスと西へと移っている。世界の中心となるためには交易の要であることや金融・保険が発達することが重要で、市場はそれらにより拡大し、個人の富を増やしていく。中心都市は中心都市の移り変わりはそれぞれの都市の衰退と新たな都市の勃興が起こることではあるが、覇権の移り変わりというのは大体は巨大勢力がライバルと戦っている時に得る第三者の漁夫の利のようだ。戦争の勝者とは戦わない国あるいは自国の領土で戦わなかった国だ。
 
中心都市は産業や人材の中心地となる。外国人エリートの受け入れなどは非常に大事であるというが、現在のアメリカが各国から優秀な留学生を受け入れて彼らが活躍しているという事実からも納得ができる。こうしたエリートにより革新的な発明が行われ発達していくのだろう。逆に教育水準が相対的に低下している日本には危機感を抱かずにはいられない。
 

venice

現在のベネチア(Flickrより)

・預言書としての本書の凄さ
本書は2006年に本国では出版されている。つまり、リーマンショックの前の世界からの考察だ。それなのに2017年現在までで話題になった世の中の出来事、社会問題を的確に捉えているのがすごい。リーマンショックが起こる前からアメリカの不動産バブルの危うさを指摘しているし、債務超過体質、イスラムとの戦争による多大な負担、スコットランド問題、LGBTの運動、中国の民主化革命運動、アメリカのナショナリズムなど、かなり具体的に社会問題を捉えている。さすがとしか言いようがない。ただ、BRICsや韓国、新興国に関してはやや過大評価をしていたような印象もある。中国の体制は2023年ごろまでに崩壊しそうとはあるが、習近平率いる共産党の牙城はなかなか崩れそうにない。もちろん、香港の雨傘革命のように、中国でも民主化運動が近年は活発化している。5年後の事は正直わからないかもしれない。
 
・超民主主義、超帝国、超紛争・・・
技術の発展は人々の生活をこれからも劇的にかえていくだろう。人々の移動は進んでいき、クリエイティブな人間が勢力を持っていく。本書はそこからアメリカのナショナリズムの台頭に続く中心都心の移動。民主主義なき帝国の台頭。それに続く様々な勢力との超紛争、そこから残る超民主主義、といったように21世紀を予想する。トランプが政権をとったアメリカのナショナリズムまでは予想の範疇だったようだ。その後のことは分からない。2017年現在はカリフォルニアに本拠をおくIT企業はかつてないほど反映しており、世の中に与える影響は国家規模ともいえる。現在の枠組みがもっと長く続いて世の中をポジティブに変えていくのか、ナショナリズムが様々な国家に広がり、そこから紛争が起こっていくのか、私には分からないがジャック・アタリのような賢明な人々が見ている世界はもっとはっきりしているのかもしれない。
 
2006年に出版された本書はジャック・アタリのその時点での集大成のような位置づけであったらしい。しかし、本書を読んで感銘をうけたのでもっと新しい本にも手を出してみたいとも思った。地政学の本は生もののようで、やはり旬なうちに読むのが良いかもしれない。
 

 

2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!

2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!

 

 

理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件(成毛 眞)

 

理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)
 

 HONZの成毛さんの本。Kindleでささっとダウンロードして読了。ちなみにであるが、マイクロソフトで若くして社長を務められていたことはプロフィールを拝見して初めて知った。HONZは毎日拝見させていただいている。

 
 新しいものに興味を持ち、目の前のことに本気になり、自分と関係ないことにはあえて関わることを避け、合理的なコミュニケーションを持つ人材こそが活躍する、といった内容。
 
 本書ではこのような人材を「理系脳」と評している。筆者も述べていることでは有るが、理系脳と文系脳は別に高校や大学での学習の内容のことではない。上のような能力を備えた人を理系脳を持つ人と評しているだけのことだ。
 
理系脳
文系脳
新しいものに興味がある・変化が好き
保守的
刹那主義で未来志向。その瞬間瞬間に我を忘れて没頭する。
キャリア志向、きれいなキャリアを積むことに必死。人脈やコミュニケーション能力を重視する
コミットの範囲が明確。自分ができる範囲のことを冷静に分析する。
自分と無関係のことに興味津々
コミュニケーションが合理的
コミュニケーションにおいておべっかをつかったり愛想笑いをする
 
 理系脳と文系脳の対比を行うとこのような感じになる。歴史上の偉大な人物も、現代の億万長者も多くは理系脳を持った人だという。現代の理系脳が最も興味を示すのがSTEMという分野だ。サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、マスマティクスの頭文字をとったものだ。そこにアートが加えられてSTEAMと呼ばれたりもする。
 
 理系脳とは世の中を冷静な目で見て、自分がどうすれば良いのかを常に考える人間だ。そして目標に向かえば一心不乱に打ち込む。一見すると変わり者と言われそうな人ではあるが、たしかに現代のようにスペシャリストこそが莫大な価値を有無時代において、いわゆる「選択と集中」ができる人材のほうが強いのは納得ができる。気づけば文系脳といわれるような行動をとってはいないだろうか?文系脳と述べられる行動はイノベーションを阻害するだけなのだ。

ギリシア人の物語II

 

ギリシア人の物語II 民主政の成熟と崩壊

ギリシア人の物語II 民主政の成熟と崩壊

 

 

ギリシア人の物語Iでは古代ギリシャの民主制の発展が主なテーマであったが、ギリシア人の物語IIでは民主制の最盛期とペロポネソス戦争による民主制の衰退を描いている。アテネ民主制を代表するペリクレスの時代から、戦争へ突入していき没落していく様子が描かれるアテネを見ていると気分が苦しくなる。
前半の主人公はペリクレスアテネの民主制の代表であるストラテゴスに32年間も連続で当選してその間事実上のアテネの代表であった政治家だ。弁舌にとても優れていた政治家らしく、数々の演説が伝えられる。

「貧しいことは恥ずべきことではない。しかし、その貧しさから脱しようと努めず、安住することこそ恥ずべきことであるとアテナイ人は考える」

など、現代の日本人にも聞かせたくなるような言葉だ。
ペリクレスの時代は今から2500年も前なのに、ペリクレス時代に強まったデロス同盟ギリシャ北部から現代のトルコにいたるまでの広域なポリスによる同盟。日本が縄文か弥生だった時代にこの地域ではここまでの広域な交易が行われていたのは驚きでしかない。しかもアテネでは商品を輸出して稼いで、食料は黒海方面から輸入するという自給自足でない生活をしていたという。古代は交易によって栄え、交易が衰えた中世よりもむしろ豊かだったというのは「繁栄」での記載だったか、専門化と連携というのがいかなる時代でも重要なのだと考えさせられる。ともあれ、ペリクレス時代にアテネは支配力を広げ、豊かな生活、文化を育んだ。

状況が変わってくるのがペロポネソス戦争アテネとスパルタの二大ポリスによる戦争だが、この戦争の初期段階でペリクレスは病死してしまう。

ペリクレス時代が終わった後、アテネデマゴーグ時代に突入する。そこで頭角を現したのがアルキビアデス。弁舌も戦闘もできるというスーパーマンだったというが、アルキビアデスはその能力を発揮することなく幾度も途中で頓挫させられる。衆愚政治とはちょっとしたことで足の引っ張り合いを繰り返すのだ。ペロポネソス戦争の後半でアテネシチリアへ遠征にいくが数万人規模で兵を失う無残な結果に終わる。そこから一度は盛り返すが最後にはスパルタに敗れて覇権を失う。アルキビアデスは、シチリア遠征の時にアテネから罪を着せられアテネから抜けてスパルタへ、そしてその後ペルシアに行った末にアテネに戻る。しかし十分な活躍ができないまま暗殺されてしまう。

第I巻で見た希望あふれる民主政治から、時折現れるカリスマによりリードされる国家から一転、カリスマ不在となった国は迷走していく様が良く描かれている。一旦衆愚が世論を席巻してしまえば冷静な判断は誰にもできなくなるのかもしれない。本巻では描かれていないがこの後アテネソクラテスという偉大な思想家をしに追いやっていくことになる。

 

 

ギリシア人の物語I 民主政のはじまり

ギリシア人の物語I 民主政のはじまり