人と企業はどこで間違えるのか?成功と失敗の本質を探る『10の物語』(ジョン・ブルックス(著),須川綾子(訳))

 

人と企業はどこで間違えるのか?---成功と失敗の本質を探る「10の物語」

人と企業はどこで間違えるのか?---成功と失敗の本質を探る「10の物語」

 

 

第1章 伝説的な失敗 ─ フォード社エドセルの物語
第2章 公正さの基準 ─ テキサス・ガルフ・サルファー社インサイダー事件
第3章 ゼロックスゼロックスゼロックスゼロックス
第4章 もう一つの大事件 ─ ケネディの死の裏側で
第5章 コミュニケーション不全 ─ GEの哲学者たち
第6章 最後の買い占め ─ メンフィスの英雄、かく戦えり
第7章 二つめの人生 ─ ある理想的なビジネスマンの記録
第8章 道化の効能 ─ いくつかの株主総会にて
第9章 束の間の大暴落 ─ 永遠のホセ・デ・ラ・ヴェガ
第10章 営業秘密の変遷 ─ ダンス、クッキー、宇宙服

ビル・ゲイツが最高のビジネス書と評価した」「ウォーレン・バフェットから受取り、20年に渡って読み返している」というエピソードで有名になったビジネス書。筆者のジョン・ブルックスは1920年生まれであり、本書で取り上げられるエピソードは1960-70年代のものが多い。ビジネスの転換期に起こったエピソードは多くの教訓に満ちあふれている。実際にその頃に活躍していたようなビジネスマンが多くは一線を退いているような前の話ではあるが本書が今に至るまで評価されて新装され翻訳・販売されたのは本書が普遍的なテーマを扱っているからなのだろうか。原版ではエピソードは12に渡っているようだが、アメリカ連邦税法と金本位制については取り扱っていない。欲をいえば、2017年の今、トランプによるアメリカ連邦税法の改革が真っ最中なのと、ビットコインバブルが真っ最中なのでできれば残った2章こそ今読んでみたいと思った。

New colleague

仕事の経験年数が増えるうちに、仕事に取り組む上でコンプライアンスの重視と規範的なありかたを重要視するようになった。つまり、決められたルールは守る必要があるし、他者との競争の中ではルール違反をしてもそれは勝利とは認められない。人を率いるリーダーになる上で倫理的に正しいあり方を目指すことも大事だ。

本書は今流行ってる自己啓発書に比べて実はメッセージはわかりにくい。本書で取り上げられるのは巨額の投資をした一大プロジェクトが大失敗に終わったことや、インサイダー取引、企業談合による価格操作など、当時世間的にもおそらく有名だったエピソードだ。エピソードは記事らしく時系列がわかりやすく示されて誰がいつどのように関わったのかが示される。ただ、事実の記載に凝っているためか、そこから何を伝えたいのかは実はあまり書かれていない。失敗のエピソードを教訓にして学ぶには読者のリテラシーが必要だ。一方で、本書が未だに陳腐にならないのは一時代にしか通用しない一般化でまとめられていないからなのかもしれない。1970年に本書を読むのと2020年に本書を読むのではまた違った教訓が得られるのだろう。

第一章 フォード車がかつてない投資を費やしたエドセルという新車が大失敗に終わったエピソード。エドセルの企画から発売までに時間がかかったうちに市場の好みが変わったりしたことが失敗の原因になった。マーケティングがうまく機能できていなかった。

第二章 テキサス・ガルフ社という会社がカナダで鉱脈を発見した時に会社の人間しかしらない情報を元に株の取引を行ったことで利益を得た人々の話。要するにインサイダー取引が問題となったエピソード。インサイダー取引は法律で禁じられており、会社のオフィシャルなアナウンスが出た後に時間を経てから取引をしなくてはならないし、当事者立ちは軽々しく情報を漏洩してしまえば罪に問われることもある。

第三章 ゼロックスは長い年月をかけてコピー機を売り出し、大発展を遂げた。失敗の話はあまりあるわけではないが、ゼロックスが人間の価値を重視したことで困難な課題を乗り越えたことが紹介されている。起業の理念と難しい目標にもあきらめず立ち向かっていくことの重要性が歌われている。

第四章 証券会社の破綻が起きそうになった時に迅速な対応で銀行から融資を得ることでなんとか救うことができたエピソード。

第五章 GEが関わった、数社が価格談合を行い価格操作していたことの責任を問われた事件。ここでは上司と部下のコミュニケーション不全が認識の互い違いの原因になったことが指摘されている。命令をするときにはウィンクをする、というような独特のコミュニケーションはふとした時に大きな間違いの引き金になりかねない。

第六章 メンフィス出身のピグリーウィグリーストアの創業者が空売りに対応するために自社の株の買い占めを行ったエピソードが紹介されている。買い占めを行ったもののうまく株を処分できず負債を返すことができなかったために創業者のクラレンス・ソーンダーズは大きな失敗をしてしまった。しかし彼はその後も2社も会社を立ち上げ、新しいことに挑戦をしていった。

第七章 パブリックセクターからプライベートセクターに転身したリリエンソール氏のエピソード。お互いのセクターはやはり目的を異にする。会社の使命は株主への利益なのか、人類への利益なのか、パブリックセクターを経験することで民衆への利益を優先する考え方も身につけられるかもしれない。

第八章 株主総会は株主たちの意見を企業に反映させる機会になる。有名なアクティビストたちが各社の株主総会でどのように立ち回っていたかの記録。アクティビスト達の主張は必ずしも企業に取り上げられるとは限らないが、その応対により企業の経営者の本質が見えてくる。

第九章 ニューヨーク証券取引所で起こった大暴落の僅かな数日のエピソード。短期の株式売買に大きな影響を与えるのは心理的要素である。ある日株式が大暴落し、多くの株主が自ら持つ株を投げ打った。株式の取引が多いと当時の処理能力では実際の売買価格とテープで配信される価格に時間差がでてしまっていた。しかし翌日・翌々日にはあるポイントで下値を支える買いがついたことで相場は反転、すぐに暴落の値は元に近づいた。

第十章 転職は個人だけの問題ではない。もともとの雇用主は自社の営業秘密を外に持ち出されるリスクにもさらされる。産業構造が変化していた時代に、同業への転職により裁判を半年もしなくてはならなかったサラリーマンのエピソード。一つだけではないにせよ、軽はずみな発言が訴訟のリスクを高めてしまった。

「人の上に立つ」ために本当に大切なこと(ジョン・C・マクスウェル)

 

「人の上に立つ」ために本当に大切なこと

「人の上に立つ」ために本当に大切なこと

 

著者のジョン・C・マクスウェルはリーダーシップの世界的権威で、原著は1999年に出版された”The 21 Indispensable Qualities of a Leader by John C. Maxwell”。組織でリーダーシップを発揮するために素晴らしいリーダーたちがどのような資質を備え、努力をしているかが描かれる。組織をパワーアップさせるために今の自分はちゃんと振る舞えているのか、また、さらに良くなるにはどうしたら良いのか、と少し背筋を伸ばして読みたくなるような気分だった。リーダーシップは必ずしも「偉い」人だけのものではなく、個々がリーダーシップの発揮が組織には重要だと思うが、本書は組織のトップか近い人向けに書かれた印象を受ける。というのも、本書で取り上げられるのは有名な組織でトップを勤めた人々のエピソードが多い。

Leadership

本書で取り上げられる21の”Indispensable Qualities”と、は、人格、カリスマ性、不屈の精神、コミュニケーション能力、能力、勇気、洞察力、集中力、与える心、独創性、聞く事、情熱、前向きな姿勢、問題解決力、対人関係能力、責任、心の安定、自己規律、奉仕の精神、学ぶ心、ビジョン。である。
特に重要なのは
・自らを律して常に高めていくこと
・対人関係において周囲を鼓舞できる事
・情熱を持って取り組むこと
・行動を起こして変化を作ること
なのだと感じた。

ゼロから作るDeep Learning: Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装(斎藤康毅)

 

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

 

 

技術書を取り上げることは少ないのだが、ホットな話題をたまたまいい時期に呼んでいたので。本書は今もまだ数少ないDeep LearningPythonで実装することを目的とした解説書。Deep Learningは昨今のAIブームの中で特に脚光を浴びている技術である。Alphabet傘下のDeepMindが開発したAlpha Goが次々と世界のトップ棋士を破ったことは大きなニュースになった。この記事を書いたつい最近もAlphaGo zeroという新しいAIが以前のAlphaGoの性能をはるかに超えてAIにおける最強棋士となったばかりだ。
 

“日本开发的人工智能围棋软件DeepZenGo与赵治勋九段对局,赵治勋执黑中盘胜利,DeepZenGo,仅使用2个多核心CPU,性能与AlphaGo差距较大。AlphaGo采用的是分布式的版本,拥有1920个CPU和280个GPU,计算能力强大,每下一局棋,电费就要花3000美元。”

Pythonはプログラム言語の名前であり、今やもっとも多くのプログラマが使っている言語と言われる。私は医師でありプログラマではないのだが、臨床データの解析を行ったりするときにはプログラムを書く。Rを主に使うのだが、Pythonも調べながらならなんとかかける。STATAなどの統計解析ソフトは非常に高価だがRやPythonならば無料で使えるし、さまざまなパッケージを入手すれば意外と手軽に目的の処理を行えたりする。
 
医療の分野でもDeep Learningが注目されている。画像診断や内視鏡診断など、今後AIが担う医療の中での役割が高まることが期待されている。真に有用なAIは、医療の質を高めることであったり、人出を減らす可能性があるものと考えられているため、将来(医療分野は他の分野よりも難しいと考えられているが)医療者が職を失う可能性なども指摘されている。
 
本書の話題に戻ると、本書はPythonを用いてDeep Learningを実装するために必要なDeep Learningの基礎的な話から実際のプログラム例について紹介していることだ。話はDeep Learningの発想の元になったコグニトロンや、細かい構成単位であるパーセプトロンの紹介から始まる。パーセプトロンはある入力に対して出力を与えるものであるが、Deep Learningパーセプトロンを多層にすることでより複雑な問題に対して解を与えるものだ。バックプロパゲーション微分を使用して計算に用いる因子を求めたり、最適な因子を求めるためにどのようにデータを繰り返し読んで行くかなどの技術的な話もわかりやすく書いてある。理論的なところは置いておいて、本書の最大の特徴はDeep Learningの各処理をNumpyやMatplotlibなどのPythonの代表的なライブラリを用いて実装を試みていることだろう。PythonにもDeep Learning用のライブラリが用意されているが、各処理を実際にプログラムしていることでどのような処理をしているのかは理解しやすい。
 
最大の問題は「Deep Learningをどの分野でどうやって利用するか」だと思う。本書ではMNISTという文字画像ライブラリを認識させることを目的とした操作を行なっている。Deep Learning自体は画像分野での開発が話題になることが多いが、現時点ではまだDeep Learningを活躍させるために必要なデータ自体がそろっていない。ビッグデータの時代とはいわれているが、まだまだデータを手に入れることも難しく、それが開発者にとっての大きな悩みになっているだろう。それでも本書は明快に書かれており、今後発展させて行く上での足がかりになると感じた。

2030年ジャック・アタリの未来予測(ジャック・アタリ)

 

2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!

2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!

 

 

だいぶポップなタイトルだが原題はvivement après-demain critique(明後日を生き生きと)といったタイトルのようだ。これまでのジャックアタリの著書と同じように、現代の社会の様子から、未来に起こりうる良いことや破滅的な悪いことを予測する。しかし大事なのは破滅の予言ではなく明るい未来を迎え入れるために我々がすべきことを提言する。
 
我々が直面する最も大きな生存の危機とは核戦争である。現代は世界のどこかで核戦争が勃発しかねない不安定な世の中だ。核戦争が一度おこれば非常に多くの人々が核兵器により命を落とす。条約によって禁止されている化学兵器生物兵器だって世界大戦が起きたら、勝利を得たい陣営は手段を選ばず使用するだろう。戦争を引き起こしうる原因はいろいろある。環境問題からくる経済問題、宗教対立などからくるイデオロギーの対立、侵略などである。
 

Conflict

 
本書によればそれらを防ぐにはやはり技術開発であったり、強いリーダーシップをもった国際組織の存在が重要になるという。30歳未満のみからなる議会を作るという提言も面白みを感じた。先日読んだ21世紀の歴史では、能力を持った個人がノマドとして活躍する未来が描かれていた。本書でも同様に個人それぞれの尽力が必要であるという立場が取られている。しかし国家により教育からドロップアウトすることなく遍く教育を行き渡らせることができてようやくそれは実現する。
 
ジャックアタリの著作には暗い未来がこれでもか、というほどに記述される。しかし彼にはダークサイドだけでなく、ライトサイドの未来も見えている。明るい未来へ向かうための歩み方を示唆してくれる。事実、高齢化を続けるヨーロッパ社会のなかでもフランスは高い出産率を実現しているし、ジャックアタリの尽力もあってかフランスでは若いマクロン大統領がポピュリズム政党を抑えて誕生した。noblesse obligeという言葉があるが、世の中の革新に必要とされる人材は目の前の利益を追うのみでなく、長期的な視野をもち、利他的な行動ができる人なのだろう。こうした人々は利他的であったとしても本人もちゃんと幸福を享受できるとされている。

伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール(高橋 佑磨、 片山 なつ)

 

伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール
 

 

学会、ビジネスでのプレゼンや、提出する文章。教育、仕事の場面で資料作成は誰しもがやったことがあると思う。人に情報を伝えるためにはそもそもの「情報」は必須なので内容は皆が吟味することと思う。しかし、「どうやって伝えるか」は意外と疎かにしがちなポイント。他人のプレゼンを見ながら、見難い資料だと思ったことは誰しもあるはず。資料を見やすくすることで伝わる情報の質が変わる。本書はそのことをよく教えてくれる。
 

Design Pattern Business Cards

 
内容は同書籍のWebサイト( http://tsutawarudesign.web.fc2.com/index.html  )でも確認できるので興味有る方はWebサイトを見てみると良いと思う。
文字のフォント、文字配置、インデントの使い方、オブジェクトの配置、色彩、など、資料のデザインにおいて重要なポイントが一つ一つ紹介されている。流石にデザインの本だけに見やすいし言葉も読みやすい。本書はそれぞれの要素がなぜだめなのか?どうすれば良いのか?ということを説得力有る形で提示する。本書を読まなければあまりこだわらなかったことも多く、目からウロコが落ちる体験を何回もしたように思う。
 
フォントにしても実はあまり理解しないで使っていた。私はmacユーザだが、「ヒラギノ」や「helvetica」は見栄え良く使うことがあるフォントだったがwinのパソコンではそもそも表示することができない。互換性を重視するのであれば「メイリオ」や「arial」とか「tahoma」で作るべきだった。それにMS Pゴシックとかは可読性や見栄えが悪いフォントで徐々に出番が減ってきたことも本書を読まなければ認識しなかっただろう。最近のofficeに入っている「游ゴシック」などは字面が細くてあまり使っていなかったが、本書ではMS Pゴシックメイリオなどが進化しており、くっきりした輪郭と、字面が大きすぎず可読性に優れるようなことも紹介されている。
 
デザインといってもアートとは違う。見栄えを良くするというのはなんとなく格好いいことを目指すのではない。本書においてデザインを追求するとは、「情報を伝える」という目的に適った情報の提示の仕方を考えることなのだと感じた。読みやすい資料はアーティスティックな感性ではなく合理的なデザインに対する考え方があれば凡人にでも作成できるのだろうと少し励みにはなった。本書では、1文字1文字の幅を調節するカーニングなど、一部はめんどくさすぎて発表や提出までにはできないだろうというテクニックも紹介されている。しかし、本書の内容をちゃんと理解してやるべきことを考えて資料を作成すれば本当に見やすい資料が作れると思う。
 
本書を読んで思わずPowerpointのテンプレートを互換性を意識しながら作成し直してしまった。

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本(服部 雄樹)

 

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本

 

 

所属しているNPOの活動でwebができるようになる必要があったので、手にとって見た本。中学生とか高校生くらいの頃、バンド・音楽活動活動のためにwebサイトを作っていたことがあったが、webはそれ以来全く触っていない。当時(2000年代前半)からhtmlやcssのバージョンが2010年代になり更新されている。その情報を知っていたため新しいweb言語の記載について知りたくてすぐに読んで概要を理解できそうな本書を選んだ。最近流行っているらしいword pressとかではなくタグのベタ打ちでの解説書なので昔もタグ打ちでwebサイトに演奏をアップロードしていたことを久しぶりに思い出した。

Entrepreneur Macbook Pro

 

本書ではAdobeが開発しているBracketsをエディタとして推奨している。ダウンロードしてみたらmacでも非常に快適に動作した。ただ、編集しようとしていたwebサイトが.phpだったので、mac内にサーバー環境を作成する必要があった。こちらはMAMPというソフトで解決したのだが少々めんどくさかった。webで検索すれば方法は分かるが、いつか備忘録的にまとめてみても良いかもしれない。
 
本書はタイトル通りのHTML、CSS、Webデザインについての本である。O’RELLYが出しているような網羅型のプログラミングの書籍とは違い、一つの仮想webサイトを作成することをテーマとして書かれている。なのでHTMLのタグの使い方を事細かく説明しているのではなく、概念や、webサイトの構造などにウェイトが置かれている印象だった。こういう風なサイトを創るにはまずHTMLでこんな風に記載する、その後にデザインを整えるためにCSSをこんな風に記載する、といった感じ。デザインの本らしく図説が多く、とりあえず一読してなんとなくわかったような気になった。あまり詳しくは触れられていないが、スマートフォン向けのレスポンシブデザインについても書かれており役に立ちそう。
 
まだ元の目的の方のwebサイトは実は作業途中ではあるが、必要な細かい情報はwebでいつでも手に入る時代。疑問点はwebベースで調べることを前提にするならば入門書、あるいは再入門書としてはとっかかりやすい一冊だったと思う。

MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法(広瀬 隆雄)

 

 

社会を知ろう、という目的から大学生の頃から投資をするようになった。投資をすることで自分の資産を市場のリスクに晒すことになる。このため半ば強制的に経済や社会を知るために勉強をするという意識がはたらく。ただ、社会を知るだけでは投資をするにはあまりにもリスキーなので一般的な資産運用の勉強もしている。Market Hackは本書の著者である広瀬氏が運営するサイトで、日本の個人ブロガーとしては最大級のPV数を誇る。情報の質が高いので私もフィードに入れている。本書は2013年ごろの本ではあるが、広瀬氏の考え方をうかがい知りたいと思って最近読んだ。時間も経過し考え方に多少の違いは出てきているとは思うが根底に大きくは違いはない。

money

 
内容は投資全般について。米国株を基軸にしている方なので、おそらく自身が実践しておられるであろう分析方法について紹介されている。キャッシュフロー重視の分析、分散投資によりリスクオフをするメリットなどである。その当時から始まったNISAの分析や、デイトレーダーが行っている先物やオプションの取引、長期投資の考え方なども紹介される。広範囲にわたる話がコンパクトな中に納められている。本書を手に取る人はおそらくこれまでに投資経験がある方だと思う。読み物として楽しく、すっと頭に入ってきた。マジメに勉強するならもっと専門的な書籍を読めばいいが、筆者の言わんとしていることはこれくらいざっくりと省略されていた方が伝わってくる。こんな風にやってるよ、という内容なのでそれに従えば億万長者に必ずなれる、というものではないので注意を。